HOME ハワイアンジュエリーの歴史
 
History of Hawaiian Jewelry

ハワイアンジュエリーの歴史

17世紀後半イギリスで家族や友人への追悼や愛の言葉、思い出の言葉を刻んだ“センチメンタルジュエリー”というゴールドジュエリーが流行しました。 それが現在のハワイアンジュエリーの起源と言われています。ハワイアンジュエリーが多くの人に広まることとなったのは、19世紀半ばヴィクトリア王朝時代と言われています。

当時、イギリス王室と親交のあったハワイ王朝のリリウオカラニ女王は、ヴィクトリア女王の即位50年祭に出席した際の贈り物として、ゴールドに黒のエナメル、オールドイングリッシュの文字で名前が彫られたブレスレットを下賜されます。

リリウオカラニ女王はヴィクトリア女王から贈られたブレスレットを大変気に入り、同様のものを自分用に大量に作らせました。ハワイの人々や宝石商はこれまでにないデザインに強い感銘を受けたとされています。
それこそが現在のハワイアンジュエリーの伝統の始まりでした。

LAST PRINCCESS

リリウオカラニ女王の一生

ハワイ王朝最後の国王として知られ、今なお人々の敬愛を受ける女王。
激動の時代を過ごすも音楽家として優れた資質に恵まれ、生涯に200曲以上の歌曲を残す。

リリウオカラニ女王の一生
1838年・・・ホノルルにて7代目ハワイ国王
       デイビッド・カラカウアの妹として誕生。
1878年・・・名曲「アロハ・オエ」作曲
1887年・・・英国女王在位50周年祝典へ招待を受け
       ヴィクトリアヴィクトリア女王へ謁見。
1891年・・・ハワイ初の女王として即位。
1895年・・・クーデターによりイオラニ宮殿に幽閉。
1895年・・・ハワイ王朝滅亡。ハワイ共和国設立。
1898年・・・ハワイ共和国がアメリカ合衆国に併合。
1917年・・・79歳で死去。

Hawaiian Jewelry Prototype

ハワイアンジュエリーの原型

1861年、ヴィクトリア王朝ではアルバート王子が薨去され、イギリスは深い悲しみに包まれます。ヴィクトリア女王はその死を嘆き、死後25年間を喪服で過ごしたと言われています。その際、喪服用のジュエリーとして黒いエナメルのアクセントがついたジュエリーを特別に作らせて身に着けていました。

親交の深かったリリウオカラニ女王は自らも哀悼の意味を込めて、「ホオマナオマウ(永遠の思い出)」と彫られた同じスタイルのブレスレットを作り、一生身に着けていたと言われています。

ヴィクトリア女王が身に着けていた喪服用のジュエリーは、“ヴィクトリアン・モーニング・ジュエリー”と呼ばれ、当初は哀悼の象徴だったものがやがて人気の高まりと共に流行へと変化していきました。それが現在のハワイアンジュエリーの原型と言われています。

A gift for someone special

大切な人への贈り物

1893年、リリウオカラニ女王は、宮殿での補佐役として尽力していたイギリス人の恩師ゾイ・アキントンに、自身の作曲である「アロハオエ」と彫ったブレスレットを感謝の気持ちを込めて贈りました。当時ゾイ・アキントンは女学校の校長を務めていたため、ブレスレットを作ることが生徒の中で評判となりました。しかしブレスレット到着からわずか12日後、ハワイ王朝は崩壊を迎えます。
情勢不安の中、生徒は母親に自分の名前を彫ったジュエリーを求めるようになり、身に着けるようになりました。それが現在でも残る“母親から娘への贈り物”という習慣の始まりと言われています。

その後ハワイアンジュエリーは、自分の名前だけではなく愛しい人や恋人の名前を彫ったものが愛されるようになり、“大切な人への贈り物”というステータスを確立していきました。

こうした伝統は現在でも継承され、今日でも卒業・結婚・出産・記念日などの節目にハワイアンジュエリーを大切な人に贈ることが習慣となっています。

□ 午前中予約特典 10:30~12:00でご予約いただくとお見積りより5%OFF
□ 交通費特典  交通費負担分として  JCB商品券2000円分プレゼント
□ 駐車場負担  提携駐車場チケット まちなかクーポン券プレゼント 

など、5つの来店予約特典をご用意してお待ちしております。

/